[顧客創出→育成→ファン化] シェアードメディア活用

シェアードメディア/タイトル

単発・単体の情報発信からの脱却。
“シェアードメディア”の存在。

sharedmedia
見えないところでファンが育っていることも!

いくら情報発信しても、ターゲットに響いていないような気がしませんか?

その理由の一つとして、年々増加する流通情報量に対し、陰りを見せている消費情報量の問題があります。

個人が一日に受け取ることができる情報量には限りがあり、明らかに情報供給過多のなか、自社の想いをより深く広く届けるためには、シェアードメディアという概念を理解し、単発・単体のアプローチからの脱却を図る必要があります。

1. シェアードメディアの基盤となるトリプルメディアを再認識

オウンドメディア : HP・ブログ等の自社で保有している媒体
アーンドメディア : クチコミサイトやSNS等、評価される他社媒体。
ペイドメディア : WEB広告、4マス等の支払いが伴う広告媒体。

トリプルメディア

SNSに広告機能がついたり、ブログがSNSと連携することで顧客のアクションを促進するなど、SNSの進化がトリプルメディアの距離を縮めた。

2. 顧客の行動段階を網羅したシェアードメディアへ進化。

ペイドメディアで幅広く顧客創出し、アーンドメディアでコミュニケーションを取りながらオウンドメディアへ誘導。そして、顧客育成していくなかで、自社の在り方を浸透することでファン化。

シェアードメディアへ進化。

「3つの手段」から「1つの概念」へ。
顧客のファン化を最大化するためにメディアを活用。

”3つの手段”として各々存在していたトリプルメディアから、目的を実現するためのシェアードメディアという”1つの概念”へ進化しました。

ペルソナ設計やカスタマージャーニーなどの顧客の感情・行動にフォーカスし戦略構築するなか、メディアを複合的に活用することで顧客のファン化を図ってみてはいかがでしょうか。

まずは、自社が活用できているものと、活用できていないものを再確認してみましょう。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み