– D.カーネギーに学ぶ – 人に好かれる! 6つの原則[後編]

人に好かれる6原則

D.カーネギー 人を動かす

前回は、「人に好かれる6原則」の前編として、

1. 誠実な関心を寄せる
2. 笑顔で接する
3. 名前を呼ぶ

をご紹介しましたが、今回は「人に好かれる6原則」の後編として、3つをご紹介したいと思います。

人に好かれる6原則
Let'sコミュニケーション
1. 誠実な関心を寄せる
2. 笑顔で接する
3. 名前を呼ぶ
4. 聞き手にまわる
5. 相手の関心を見抜いて話題にする
6. 重要感を与える

原則4 聞き手にまわる

まずは相手の話に耳を傾ける話し上手になるには、まず聞き上手になることだ。

自分の話に興味を持たせるには、まず、こちらが相手の話に興味を持たねばならない。
相手が喜んで答えるような質問をすることだ。
相手のことや得意にしていることを、話させるように仕向けることだ。
相手は、あなたのことに対する興味の百倍もの興味を、自分自身に対して持っているのである。

まずは相手の話に耳を傾ける!

人との会話において、つい自分自身のことや自分の想い、考えていることを話したくなる衝動に駆られる時がある。
しかし、そこはグッとこらえ、常にはじめは相手の話に耳を傾け、聞き手にまわる努力をしたい。

気持ちよく話させて、信頼関係アップ

人と話す時、自分の話ばかりしていませんか?
まずは聞き役にまわることで、相手は気持ちよく話せて、信頼関係が高まっていくことでしょう。

原則5 相手の関心を見抜いて話題にする

相手の関心事=相手の心
人の心をとらえる近道は、相手が最も深い関心を持っている問題を話題にすること。
相手の関心を見抜き、それを話題にするやり方は、結局双方の利益になる。

また、どんな相手でも、その相手の関心を知る過程で、自分自身の人生も広がっていく。

相手の関心事=相手の心

相手の関心事を話題にすれば、必然的に相手の気持ちはよくなる。
逆に言えば、相手の関心事を把握せずして、相手の心をとらえることはできない。

相手の関心事を知って、距離を近づける

相手の関心事は何か、常に考えていますか?
相手が関心の無いことでコミュニケーションをとっても話は弾まず、心をとらえることはできません。相手の関心事を話題にすることで、双方の距離が近づいていきます。

原則6 重要感を与える

相手の“良さ”を認めよう!
人は心から認められ、惜しみなく褒められたい生き物だ。
人は誰でも、他人より何らかの点で優れていると思っている。
だから、相手の心を確実に手に入れるには、相手が相手の世界では“重要な人物である”ということを率直に認め、そのことを相手に悟らせることだ。

相手の“良さ”を認めよう!

まずは、相手の良さ、大事さを認めること。
そして、それを心の中だけにとどめず、口に出して相手にも伝えていくことが必要だ。

1日一度、相手の長所を褒める

相手の長所を、心から褒めていますか?
思っているだけではダメ。相手の長所を、1日一度は口に出して褒めることで、好意を持たれるでしょう。

D.カーネギー 人を動かす【人を動かす】 著:D・カーネギー/創元社
原書は1936年に出版された「友をつくり人を動かす法」。人間関係の分野では現代の古典とも呼ぶべき位置を占め、万人必読の書となっている。人を動かす立場の者が陥りやすい過ちを的確にとらえ、そうならないためのやり方を述べており、人を動かすリーダーの立場になる方には是非読んでもらいたい一冊。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み