身近さで心をつかむ! 「手書き」DM

顧客を獲得するDM大作戦

手書きの方が反応が良い?!

パソコン使用が当たり前の現代。チラシやDMもほとんどの方がパソコンでつくられていると思いますが、お客様に少しでも興味を持っていただき、読んでもらう工夫の一つとして、文字の「手書き」という方法があります。
実際、同じお店からのDMでも、「手書き」の方が反応が良いという結果も出ています。しかし、大量のDMを一通ずつ手書きするのは効率的ではなく、「手書き風の書体」を活用して、それっぽく見せるだけでも効果的です。
手書きの効果としては、大きくは下記の3つ。意識しながら、是非試してみてください!反応が劇的に上がるかも?!

手書きの効果

  • 私宛感(身近さ):
  • 文字を通じてまるで知人からの手紙のような「私宛感」が伝わり、お店とお客様を身近に結びつける効果があります。

  • 特別感(差別化):
  • 一般的なDMのきれいに整った文字との違和感から、お客様の興味をそそり、同時に「特別な情報」といった感覚を与えることができます。

  • 安心感 :
  • きれいに整ったシステマチックな書体に比べ、クセのある手書き文字からは差出人の“想い”が伝わりやすく、お客様は「安心感」を覚えます。

【ポイント】手書き風で「私宛感・特別感・安心感」。興味度アップ!
弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み