既存客からのリピートオーダーに繋げる!Webツールを活用した営業フォロー

Webツールの段階的活用で、既存客をリピートオーダーに繋げよう

既存客への営業フォローは、訪問する事だけではありません。

業務に終われ、既存客への営業フォローがおろそかになっているそこのアナタ。WEBツールを使用することで、効率的にアプローチしてみてはいかがでしょう?

既存客に対し、メールやブログなどで有益な情報を発信し続けることで、 購買意欲が高まり、リピートオーダーに繋がりやすくなります。

ブログで読んだあの商品、やっぱり気になる。
こんなタイミングで、アプローチをかけたいものですね。

また、適切なタイミングでの情報提供やアプローチは、顧客満足度が向上。口コミから新規獲得のチャンスになる可能性も!

段階的アプローチで、顧客との関係を深め、購買意欲を高める!

フェーズ1・SNSで距離感を縮める

頻繁にSNSで情報発信を行う事で、既存客にとって身近な存在に。SNSを利用し、自社のブログに誘導するのも良いですね。

↓

フェーズ2・ブログでお役立ち情報の提供

自社製品の情報や活用法など有益な情報をブログにて発信しましょう。顧客本人も気づいていない潜在的ニーズを引き出せるかもしれません!

↓

フェーズ3・メールで関心の高さを測る

顧客へのメールで、興味関心の度合いや購買意欲の高さをチェック。製品に対する質問などがあれば、購買意欲が育っている証拠。逆に関心がない場合は、アプローチ方法やニーズの選定を改める必要アリ。

↓

フェーズ4・ビデオMTG ・レクチャー

購入に不安を感じる顧客に対し、ビデオ電話を利用し、何が障壁となっているか相談に乗ってみましょう。実際に顔をみて話す事で安心感に繋がります。製品購入後のレクチャーにも便利ですよ。

新規顧客の獲得にばかり、目が行っていませんか?

新規獲得にかかるコストは、既存客の5倍と言われ、既存客との関係性を良好に保っておく事で、新規より、はるかに少ない労力とコストでリピートオーダーに繋げる事が可能になります。

WEBツールを賢く使うことで、忙しい業務と並行し、効率的で効果的な営業フォローを行なっていきたいですね。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み