中小企業の働き方改革・ムダを省いて生産性を上げる!

中小企業の働き方改革・ムダを省いて生産性を上げる!

「働き方改革法案」に対応

2018年6月、「働き方改革法案」が成立しました。
その背景には、今後予測される深刻な労働力不足や生産年齢人口の激減と、それに対応するためには、働き手の増員や生産性の向上が必要という現実があります。
中小企業においても、2020年4月より働き方改革関連法案が順次施行されます。特に、残業の規制によって、残業時間の削減を図ることは急務となります。
そこで、今すぐできる対策として、オフィスに潜む様々な「ムダ」を排除していく必要があります。

働き方改革関連法案の施行時期

オフィスの「ムダ」を8つに分解

オフィスには、コストのムダや時間のムダなど、常に様々な「ムダ」が発生しています。
このコーナーでは、それらを「資料のムダ、通信費や光熱費のムダ、印刷費や販促費のムダ、ノウハウやデータのムダ、トラブル対応のムダ、時間のムダ、人並びに人件費のムダ、コミュケーションのムダ」と8つに分解することによって、一つ一つ排除していく方法をご紹介していきます。

オフィスに潜む8つのムダ
オフィスに潜む8つのムダ
資料・モノ・スペース

オフィス内に、使わない資料やモノが散乱していませんか?
日常使わない資料やモノは必要なものを探す時間のロスに、またそれらを置くためや普段使われていない空きスペースは、家賃のムダに繋がります。

印刷費・販促費

必要のない配布物を印刷して、印刷費や社内コピーの用紙やインクのムダ使いをしていませんか?
また、効果の薄い販促やムダな広告を、毎年の恒例行事のように繰り返していませんか?

通信費・光熱費

電気代や電話代、インターネット通信費などにムダなコストがかかっていませんか?じっくり検証すると、意外とムダが潜んでいるものです。
塵も積もれば山となる。一つで見れば小さなことでも、積み重ねると大きなムダになります。

ノウハウやデータ

お客様の情報や商談情報などの会社にとって財産となるべきノウハウやデータは、きちんと蓄積されていますか?
また、有益なノウハウは、誰でも分かるようにマニュアル化されていますか?

トラブル対応

顧客とのトラブルや労使間トラブル、社員間の人間関係トラブルなど、様々なトラブル対応にムダな時間や労力を取られていませんか?
これらのトラブルを未然に防ぐためには、日頃からのリスク管理が求められます。

時間

要領や段取りが悪いためにムダに時間を過ごしたり、集中できずにダラダラと仕事をしている…このようなことはありませんか?
また、スタッフ間の伝達漏れなどで、ムダな時間が生じていませんか?

人・人件費

人間管理がなされておらず、ムダな人の配置やムダな作業によるパート・アルバイトなどのムダな人件費が発生していませんか?
また、非効率な仕事などで、ムダな残業費用などが発生していませんか?

コミュケーション

連絡不足や伝達漏れ等によるムダ。また、意味のない会議やミーティング不足によるコミュニケーションのムダは発生していませんか?
このことは、社員の退職などに繋がりますし、会社全体での大きなトラブルにも発展しかねません。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み