SEOに悪影響を与えないために!見出しタグを使用し文章を構造化。

SEOに悪影響を与えないために。見出し(hタグ)を使用して文章を構造化

人にも検索エンジンにも優しい記事作りが、読者獲得のファーストステップ

どんなに素晴らしい内容でも、ダラダラと書かれた読みづらい文章では誰も読む気を無くしてしまいます。それって実は検索エンジンにとっても同じなんです。

文章を構造化し、構成要素に適切な「見出し(hタグ)」を付けてあげることで、人にとっても検索エンジンにとっても内容がわかりやすくなり、コンテンツを理解する手助けとなるんです。

頭の中も、机の上も、文章も、整理整頓が大事ですね。
ここでの構造化とは、全体を構成要素(グループ)ごとに分け、きちんと整理された状態にすることです。

web上での見出しは『 hタグ 』を使用し、ページ内を構造化。

hタグの構造

hタグとは・・・

hタグの使い方
h1〜h6まで6種類あり、見出しとなる文章を囲います。
h1→h2→h3・・・と進むにつれ、徐々に見出しの重要度が下がります。 
 

時短ポイント

WordPressなどのCMSには、ボタン一つで見出しを付ける事が出来る機能が備わっています。

有益な情報をわかりやすく伝え、理解度を深め→ファン創出

この様に、記事に見出しをつけ文章を構造化することにより、ユーザは概観するだけでコンテンツの概要を理解出来ます。

また、ブログなどは検索流入が期待されるので、「SEOに悪影響を与えないため」にも、「流入したユーザーを逃してしまわないため」にも、わかりやすい記事作りを心がけ、ファンの増加に繋げていきたいですね。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み