正解率と効率を高めるA/Bテスト

売り手の判断と市場とのニーズのズレを素早く解決

社内でデザインやキャッチコピーを考える時、A案とB案(またはさらに複数)のどちらが高い効果を生み出すかを議論した経験は誰しもあると思います。ただし、売り手の感情が入ったものは、市場のニーズからズレているケースがよく見受けられます。そのような時に役にたつ方法がA/Bテストです。

A/Bテスト

A/Bテストとは、WEB上にA案とB案を用意し、どちらが高い効果を表すかをテストする手法です。

実際に大勢のユーザー動向にて判断する場合や、オンライン広告などを活用して行うパターンがあります。実際のユーザーのUX(顧客体験)をもとに測る場合は、新規やリピーターなどユーザーの属性を定義し、それぞれの結果を図ることで、より現実味のある効果を把握できます。

オンライン広告を活用する場合は、ある程度ターゲティングした上で不特定多数のユーザーに向けてテストすることができるため、市場全体の反応が図りやすくなります。

テストするべき要素

  • ファーストビュー(ページ上部のイメージ)
  • キャッチコピー
  • CTA(資料請求などの求めるゴール)の表現やボタンの色等
  • ページ全体
  • 広告バナー

活用のメリット

  • 市場のニーズを把握でき、その他の媒体に展開できる。
  • 会議時間が削減でき、空いた時間でPDCAに取り組むことができる。
  • 市場調査データの一つとして取りまとめ、経営に反映することができる。
  • オンライン広告の場合、費用対効果が高まる。

まとめ

広告宣伝や販促ツールなど、社内で決定できずに止まっていることはありませんか?市場のニーズや自社の方向性などを再認識するためにも、A/Bテストを試してみてはいかがでしょうか。効果が数値化できるため、実用性の高いデータを取得することができますので、販促ツールから営業戦略まで活用できるためオススメです。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み