チラシの長い文章をスッキリと見せる方法

思うようにいかないチラシ担当者のためのチラシレイアウト時短術

長い文章をスッキリと

「商品やサービスの良さをしっかり伝えたい!」との想いから、ついつい長文になってしまい読みづらいなんてこと、ありませんか?

短くまとめられればベストですが、そうもいかない時もあります。そんな時は見せ方を変えてみましょう!見せ方次第で印象はだいぶ変わりますよ!

見せ方次第で印象は変わる!

レイアウト改善前
伝えたいことがたくさんあって、ついついダラダラと長文になってしまう…。
上記のような長文は読み手としては読む気がしないものです。
このような長文をスッキリ見せて、ちゃんと読んで貰える改善策をご紹介します!

アドバイス1:段落分けをして小見出しをいれよう!

文章が長くなったときは、内容を見ながら段落で区切りましょう。読みやすい目安は、1段落に3~5行程度です。
改善アドバイス1

アドバイス2:図表を活用してパッと伝えよう!

複数を比較したり、データ説明のような数字的な表現がある場合は、文章よりも図表やグラフで表すとパッと伝わりやすいです。
改善アドバイス2

アドバイス3:アイキャッチで文頭に誘導する!

イラストや図形には、人の目や興味をひきつける「アイキャッチ」の効果があります。文頭に置いて誘導すれば、読むきっかけづくりに。
改善アドバイス3

アイキャッチのアイディア!

図形を利用

図形を活用

一文字目を大きく

一文字目を大きく

イラストを活用

イラストを活用

色を差す

色を差す

矢印で誘導

矢印で誘導

吹き出しに入れる

吹き出しに入れる

写真でイメージ

写真でイメージ

文頭に人の目をひきつけよう!

せっかくチラシを作っても、読んでもらえないと意味がありませんよね。長い文章でも「読んでみよう」と興味持ってもらうことが大切です。

文頭に人の目がくるように、アイキャッチなど工夫して「読んでもらえる」チラシを制作しましょう!

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み