読みやすいレイアウト構成とは?

ありがとうと感謝される広報誌・情報誌

読みやすいレイアウト構成
「読まれる」広報誌・情報誌を目指す上で、もちろん内容も大事ですが「読みやすさ」も大事。興味をひきつける見せ方、読みやすい構成も重要な要素です。

そこで今回からは、読みやすいレイアウトについて、記事の基本構成、文章の見せ方、色の面からお話しします。

読みやすい記事の「基本構成」

普段、何気なく読んでいる新聞や情報誌の記事って読みやすいと思いませんか?よく見ると、内容は違っても基本的には同じような構成でレイアウトされていることが分かりますね。その構成内容は、一般的にはだいたい次の5つに絞られています。
1.テーマ(タイトル)
2.サブタイトル
3.本文
4.写真(イメージ)
5.ポイント(まとめ)

要するに、この5つを決めてレイアウトしさえすれば記事は完成するということで、しかも、自然と「読みやすい記事」の出来上がり…ということになります。

基本構成

記事の構成を意識してレイアウトする!

レイアウト例
上記の例をご覧ください。何気ないトピックス記事に思えますが、前述の5つの構成でできていることが分かります。タイトルにインパクトのあるワードを使って興味をひきつけ、本文で詳細を伝え、最後はまとめとして成績で締められています。また、サブタイトルと写真は、イメージを高めて記事内容を盛り上げる役割を担っています。

このように、記事の基本構成が揃っていれば、自然と読みやすくなります。ただ漠然と情報をレイアウトするのではなく、必要な構成が揃っているかを意識しながらレイアウトしましょう。

レイアウトサンプル
基本構成を意識しながらレイアウトすれば、読みやすくなる!
決め手

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み