オフィスに潜む8つのムダ[その5]時間のムダ対策-後編-その3

時間のムダ対策後編その3
オフィスに潜む”8つのムダ”シリーズ。
時間のムダ対策後編の最後は、引き続き「働く環境を見直す」という視点から仕事がはかどる環境づくり[3S(整理・整頓・清掃)+1S(整備)]についてご紹介します。

1S:整備

整備

時間や場所を有効活用できる「テレワーク」のすすめ

「テレワーク」とは、「Tele=離れた場所」と「Work=働く」を組み合わせた言葉で、ICT(情報通信技術)を活用して、モバイルPC、スマートフォン、タブレットなどを使い、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方のことで、働き方改革において今注目されている働き方です。

テレワークの形態は、「モバイルワーク」「在宅勤務」「サテライトオフィス」の3つに分けられ、時間の有効活用という面で多くの企業の課題を解決できます。そのためにも、まずはパソコンやネットワークを見直して整備していきましょう。
テレワーク

テレワーク3つの形態

モバイルワーク

モバイルPCやスマートフォンなどの端末を携帯し、インターネット接続により外出先やカフェなど、時と場所を選ばず仕事をすること。オフィスに立ち寄る時間も有効活用できる。

在宅勤務

オフィスに出勤せず、自宅から勤務先のサーバーなどに接続しながら仕事をすること。通勤にかかる時間や移動の負担がなくなり、勤務時間以外も有効活用できる。

サテライトオフィス

営業所・支店などの離れた拠点でも本社や自身の所属オフィス同様の仕事ができるため、移動時間も有効活用できる他、「本社と同じ設備を導入」といったコストも削減できる。

テレワークのアイディア

VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)

VPNとは「仮想専用線」という意味で、インターネット上に自社専用のネットワークを設けてセキュリティ上の安全な経路を使って各拠点(営業所・支店)やモバイルパソコンを接続するもの。

盗聴や改ざんの心配なく、外部からでも安心して社内ネットワークにアクセスできます。

VPN

外出先での「モバイルワーク」に欠かせないのが、軽量なモバイルパソコン。営業先での提案をはじめ、打ち合わせ後のまとめや簡単なデータ作成と、その場で処理できるため時間の短縮になります。

モバイルパソコン

テレビ会議

インターネット回線を利用して、パソコンの画面を通じて音声や動画のやり取りが可能です。営業所間などの離れた拠点同士で移動することなくコミュニケーションが取れるため、会社全体で仕事スピードがアップ!

拠点間の移動にかかる時間と費用、会場準備などのムダが削減できます。

テレビ会議

ムダに時間を奪われないオフィス環境をつくろう!

時間のムダ対策後編は[3S(整理・整頓・清掃)+1S(整備)]についてご紹介致しました。是非、日頃から取り組んで、ムダにに時間を奪われないオフィス環境を作りましょう!

サポートします!

弘法では、オフィス環境改善のサポートも承っております。「テレワークのできる環境づくり」「自社専用のプライベートネットワークの構築」など、「時間や場所を有効活用して仕事効率を高める環境整備のご提案」をさせていただきます。
詳しくは、弘法営業マンにお声掛けください!

 

↓オフィスに潜む”8つのムダ”シリーズ。前回までの記事はこちら

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み