オフィス改善インタビュー その2「説明会や面接に社長が毎回同席。現場のリーダーも選考に加わる!」

オフィス改善インタビュー第二弾
株式会社 徳山スイミングセンターの青木代表取締役に聞いた企業における「人の問題」に関するインタビュー第2弾。
今回は「採用難時代の採用策」にスポットを当て、どのようにして人材を確保しているのかについて、具体策を伺った。

手間暇かけて良い人材を採用する

採用活動について以前はどのようなことをされていましたか―

県主催の合同説明会参加やハローワークが中心だった

以前の採用活動は山口県が主催する合同説明会に参加するのがメインでしたが、年々参加人数が減ってきている状態でした。また同時に、ハローワークにも求人を出していましたが、いずれにしても待ちの採用活動でした。

現在はどのような採用活動を実施されていますか―

「ナビ」の活用で説明会への参加者が激増

5年程前からインターネットを使った「新卒採用ナビ」を使い始め、それ以来、当社に応募していただく学生の方、つまり説明会へのエントリー人数は劇的に増えました。

過去多いときでは年間50名程の学生さんに説明会にエントリーしていただくなど、じっくり選考を重ねながら採用することができています。

採用ナビ
合同説明会への参加者数は年々減ってきている

他にはどのような活動を実施されていますか―

メディアミックスの採用

ナビ以外では、自社サイトの採用ページの整備や、折込チラシ、ハローワーク、館内掲示、紹介促進など、様々な手段を組み合わせて行っています。

お客様である会員様を獲得するのと同じぐらいスタッフ採用にもエネルギーをかけていくことで、良い人材を獲得することにつながっています。そして良いスタッフが獲得できたことで、自然と会員様も増えてきている感じです。

この業界は、お客様を楽しませないといけない仕事。

選考方法についてはどのような工夫を行っていますか―

楽しく気軽な面接を最低3回は実施

今は選考方法も見直しまして、面接回数は最低3回、多い方で6回ぐらい実施しています。選考現場では「楽しく、気軽に」を心がけており、説明会や面接に参加された方からは、「他社と違ってリラックスして楽しめた!」と言っていただいています。
就職面接

当社の運営しているスイミングクラブ・スポーツクラブ業界の仕事は、お客様(会員様)を楽しませないといけません。だから、面接に来ていただく求職者の方にも、「この会社の説明会や面接に来たら楽しかった」と言ってもらえるように、なるべく気軽な雰囲気をつくるようにしているんです。

また、リラックスした雰囲気を作ることで求職者は本音を話してくれやすく、「人物そのものを見極めやすい」という相乗効果もあり、採用にも大いに役立っています。

社長の私も毎回参加

ちなみに、1回目の会社説明会から最終面接まで、基本的に社長である私も毎回同席させていただいています。

なぜなら、企業側だけでなく求職者にとっても「企業を見極める上で社長と会うことは重要」だと考えていますので、その場で私の想いもしっかり伝えるようにしていますし、同時に私も直接人材を見極めることができています。

そうすることによって想いが伝わるからか、面接前まではほぼ他社に気持ちが傾いていた学生さんが当社に入社いただいた、という例も少なくありません。

インタビュー

現場リーダーの参加で採用のミスマッチが激減

また3次面接では、現場のリーダーであるマネージャーや主任にも面接に参加してもらっています。

私や採用担当者の意見だけで採否を決めるのではなく、現場リーダー全員の合意がなければ基本的に採用しないようにしてからは、ミスマッチが劇的に減少したと思います。

ですから当社では社長、採用担当、マネージャー、主任が面接に参加し、全員の合意で採否を決めていることになります。

他の採用活動の効果はいかがですか―

複数メディアでアプローチを行うことは重要

先ほども少し触れましたが、当社ではありとあらゆるメディアを組み合わせて採用活動をしており、大学での説明会に参加したり、高校に求人を出したりといったことも行っています。

実際に大学での説明会に参加したことをきっかけに、ナビを通じて会社説明会に参加されることもあり、複数メディアでのアプローチは重要です。

また高校に求人を出すことでも、毎年1名程度の高卒生を採用することもできています。
以前は高卒生は採用しない方針だったのですが、実際に高卒生を採用すると大卒生と遜色ない優秀な方も多く、採用して良かったと感じています。

「優秀な人材の確保」=「会員様の増加」にもつながる。

採用活動を変えてどうでしたか―

手間暇かけないと優秀な人材は獲得できない

まず、新卒ナビを活用し始めたことをきっかけに、採用担当者が年間を通して採用計画を立てて行動し、全社一丸になって採用を行ったことが優秀な人材獲得につながっていると思います。

当社のようなサービス業は、「優秀な人材の確保」=「会員様の増加」につながりますので、人材採用に力を入れて正解だったと思っています。

また、スイミングクラブ・スポーツクラブ業界では正社員の比率が低いですが、当社では正社員がパート・アルバイトとほぼ同じぐらいの比率で在籍しており、その結果、会員様に対するきめ細かいサービスを実現できているように思います。

正社員を獲得するために様々な手段を組み合わせて行う労力は相当大きなものがありますが、「手間暇かけないと優秀な人材は獲得できない」ということもよくわかりましたので、今後も手間暇かけて良い人材を獲得していきたいと思います。

初心者の方でも安心してレッスンができます!

今回インタビューに応じてくださった「株式会社 徳山スイミングセンター様」の運営される「スイミングセンター徳山」「スポーツクラブ徳山」「B-line!新南陽」では、初めての方も安心してレッスンができます。気になる方は是非ご利用ください!
徳山スイミングセンター

株式会社徳山スイミングセンター
〒745-0801
山口県周南市久米下和田932-1

◆お気軽にお問い合わせください
TEL:0834-26-0581

    【オルフィスの資料請求はコチラ!】

    *は必須項目です。

    会社名*
    業種*
    住所*
    お名前(担当者様)*
    フリガナ*
    電話番号*
    FAX番号
    メールアドレス*
    その他