紙面がまとまる“色”の決め方とは?その2:「同系色」で調和させる

思うようにいかないチラシ担当者のためのチラシレイアウト時短術
まとまる色の決め方パート2

いまいちまとまりがないチラシ、原因はなんだろう?

「紙面がまとまる色の決め方」をテーマに、前回は基本の3色(メイン・ベース・アクセント)を決めて「色数を絞ってまとまり感を出す」というお話をしました。

しかし、ただやみくもに色数を絞ればよいというわけではありません。色の組み合わせによっては、逆に統一感がなくなったり、不自然になったりと、全体的にチグハグなイメージになってしまうこともよくあります。

今回は、色数を絞って配色するための手軽な方法について、ご紹介します。

駄目な例

「色み・明るさ・鮮やかさ」を揃えよう!

まとまりのある配色をするには、色みや明るさ、鮮やかさを揃えるのがポイントです。色みの近い「類似色」を選んだり、トーン(明るさ&鮮やかさの調子)を合わせることで、統一感が出やすくなります。

色みの近い「類似色」でまとめる

メインカラーの「類似色」を選ぶ

色みとは、いわゆる一般的に「赤っぽい」や「青みがかった」と表現する色合いのことで、その相関関係を示したものを「色相」と言います。

そして、色を光の波長の順に円状に並べたものを「色相環」(右図)と言い、近くにある色を「類似色」、対面にある色を「補色(反対色)」と呼びます。このうち「類似色」同士を一緒に使うことで、色のまとまり感を出すことができます。

したがって、メインカラーが決まったら、まずはその「類似色」を選ぶとよいでしょう。

引き立て合う補色
改善例01
〈改善例〉メインカラーを「オレンジ」として、その類似色でまとめた例。全体的にすっきりと統一感が出ている。また、初めの例と比べるとタイトル(上段)、内容(中段)、概要(下段)とそれぞれの情報にまとまりがあり、見やすい。

「トーン(明るさ&鮮やかさの調子)」を合わせる

トーンを合わせることでチラシ自体の印象が決まる

トーンとは、色の明るさと鮮やかさの調子のことです。例えば、「声のトーン」とよく言いますが、これと同じように色にも「軽いトーン」「明るいトーン」といった調子の違いがあります。(下図「トーン図」参照)

この「トーン」を合わせることで、色の統一感が出て紙面全体がまとまると同時に、「軽い」「明るい」「さわやかな」「落ち着いている」というようなチラシが読み手に与える印象を方向づける役割もあります。

ちなみに、同じ色の組み合わせでもトーンが変わると全体としての印象が変わりますので、「色違い案」として複数つくってみるのもよいでしょう。

トーン図
明るいトーンは、「さわやか」「清潔」といったイメージになり、暗いトーンは、「落ち着き」「高級感」といったイメージになる。
改善例02
〈改善例〉明るさ鮮やかさともに、やや抑え気味のトーンでまとめた例。全体的に落ち着いた印象になっている。初めの例と比べると、“企業向けのセミナー案内”というやや堅めの内容のチラシのイメージにも合っている。
弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み