【チラシデザイン・レイアウト時短術】文字が読みやすい配色とは?

思うようにいかないチラシ担当者のためのチラシレイアウト時短術
文字が読みやすい

背景色と文字色の「コントラスト」を高めよう!

紙面内の色数を絞る、また同系色を選ぶことで、チラシ全体のイメージはまとまります。しかし、そればかりに気を取られると背景色と文字色が同化してしまい、文字が読みづらくなることがあります。

比較
文字の可読性(読みやすさ)は背景色の明るさに左右され、背景色と文字色の“コントラストを高くする”ことで、文字は読みやすくなります。

「コントラスト」とは「対比・差異」のことを指し、色の明るさ(明度)の差が大きいことを「コントラストが高い」と表現します。

上記例では、右例の方が左例に比べて背景色と文字色の明度差が大きいため、読みやすいのです。

色の明るさ

色の明るさとコントラストについて

色の明度差が大きいとコントラストは高くなる

色の明るさの度合いを示す尺度のことを「明度」といい、色相(=色味・色合い)・色彩(鮮やかさ)と並んで色の三属性を構成する一つの要素です。

すべての色の中で最も明度が高い色は「白」、最も低い色は「黒」となります。

そして、この明度差が大きい状態を「コントラストが高い」、小さい場合を「コントラストが低い」と表現します。

明度差

無彩色は「白⇔黒」 / 有彩色は「黄⇔青紫」

前提として、色は大きく2種類に分けることができ、白・黒などの色味を持たないものを「無彩色」、黄・赤・青などの色味を持つものを「有彩色」といいます。

そして、無彩色・有彩色それぞれにおいて明度を考えるならば、無彩色では上記に述べた様に「白」が最も明度が高く、「黒」が最も低い色となります。

一方、有彩色では、最も明度が高いのは「黄」、低いのは「青紫」となります。

明度

明るい色と暗い色を組み合わせる

紙面上の文字を読みやすくするポイントは、有彩色・無彩色いずれにしても、背景色と文字色の明度差を大きくしてコントラストを高めることです。

つまり、背景色に明度が高い色を使った場合には、文字色には明度の低い色を組み合わせるように意識しましょう。その反対も同様です。

ただし、補色のように色相差の大きい色同士を組み合わせると逆に読みづらくなるので、気をつけましょう。

明度差意識

豆知識!「色相差」の大きい組み合わせは避ける

色を組み合わせる際は、色相の差に気をつけましょう。

色相とは一言でいえば「色味」の違いのことで、右のような「色相環」として表されます。色相の近いものを「類似色」、反対のものを「補色」と呼びます。この差が大きいものの組み合わせはお互いが主張し合うため、文字は読みづらくなります。

色相差

コントラストのチェックは「グレースケール」で

パッと見でコントラストが足りているかどうかを判断しにくい場合には、カラーのデータをグレースケールに変換して確認するとよいでしょう。

手っ取り早く確認するには、プリンターでのモノクロ印刷をするのがおすすめです。明暗の差だけになり、コントラストが分かりやすくなります。

モノクロ

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み