求人に効くコーポレートサイト構築 後編

web頼み

優れた人材確保のためのコーポレートサイト(公式ホームページ)構築。後編は、前編でストーリー化した軸を細分化し、本音の見える情報発信についてご紹介していきます。

取り組み・活動の見える化で、自社の本音を知ってもらいましょう。

一枚ものの求人ページで、どれだけ人の心を動かせるでしょうか?

求職者は、その先にある本音を探して、まずはコーポレートサイトを訪れます。

それに対して、前編の[心に響くストーリー編]に紐づいた取り組みや活動を見える化したコンテンツ配信と、その先の情報展開(ブログ・SNS)をしていくことで、他の誰かによって作られた情報の力ではなく、自社の本音の力によって、強い共感を生み出していくことが大切です。

情報展開
本音は、本気の人によく響きます。

その本音は、求職者の不安・疑問・要望を解決します。

ブラックボックス化で中身が一切見えない会社に対して、第一歩を踏み出すことは容易ではありません。

どの求職者も、何かしらの不安・疑問・要望を持っています。それらの感情との対話を意識して本音でコンテンツ構築をしていきましょう。

自社の取り組み

本音の継続発信で、求職者にとって突出した存在に。

例えば、見える化に取り組もうとする会社が10,000社あるとすれば、実行に移すのは100社程度、その中で継続できるのは1社程度。

その1社になるだけで、御社は優良な人材にとって突出した存在として認知されます。そこから、お互いの本音が噛み合えば、理想の人材として目の前に現れてくれるはずです。

御社の本音を理解した上での応募採用は、相互のミスマッチ防止においても有効的です。

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み