【チラシデザイン・レイアウト時短術】「証明部」の効果を高める7つの要素

思うようにいかないチラシ担当者のためのチラシレイアウト時短術

7つの要素

「証明部」の効果を高める7つの要素

その1

疎かにしてしまいがちな証明部

チラシ担当者がよく陥りがちな失敗として、「企画内容や見た目ばかりに注力して、細かい部分が疎かになる」ということがあります。その部分の一つが「証明部」です。

お客様の立場としては、いくらチラシの企画内容に興味を持ったとしても証明部がしっかりしていないと不安になり、問い合わせることをためらいます。

ひどい場合には、店名も連絡先も無いチラシをごくたまに見かけますが、こうなるとほぼ100%反響は期待できません。

証明部
とりあえず店名を載せただけの証明部。お客様目線だと不安を感じる。

要因は“つくり手目線”

証明部が疎かになる要因としては、チラシを“つくり手目線”でつくってしまうことにあります。「この商品を売りたい!」「サービスの良さを伝えたい!」ということに集中しすぎて、お客様の行動心理にまで気が回らなくなってしまうのです。

チラシの目的が「伝えて終わり」ではなく、問い合わせや来店といったお客様の行動につなげることである以上、そこまで視野に入れてチラシづくりをする必要があります。
問題点

これで解決!!効果的な証明部のコツ

これで解決1

証明部=大事な構成要素

一般的に、チラシ紙面全体における証明部の占める割合は1/6~1/5以上が理想です。

証明部=チラシの大事な構成要素であるという意識を持って、チラシづくりの最初、ラフ描きの段階で証明部のスペースを確保しておきましょう。そうしたうえで、企画内容やデザインをどう掲載するかを考えていきましょう。

ラフ

【豆知識!チラシの三段構成】

チラシ構成の基本は、「タイトル・内容・証明部」の三段構成です。タイトルで知らせ、内容で伝え、証明部で行動に誘導するという構成で考えましょう。

三段構成

これで解決2

お客様の行動を考えよう

チラシの全体構成で証明部のスペースを確保できたら、まずは証明部からつくってみましょう。最初につくってしまうことでスペースを確保できるだけでなく、お客様目線で“どう行動してもらうか”ということを考えながらチラシづくりを始めることで、チラシ全体がよりお客様に寄り添ったものになり、反響アップにもつながりやすくなります。

ポイント

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み