【身近にできる健康経営】vol.4「免疫力」を高める生活習慣にしよう!

健康経営

身近にできる健康経営シリーズ。今回は、日ごろからできる免疫力を高める4つの行動をご紹介します!

生活習慣

「免疫力」を高める生活習慣にしよう!

ウィズコロナの時代

そもそも私たち人間の体には、「自然免疫」というウイルスを排除するシステムが生まれながらに備わっています。

自然免疫とは、体の中に細菌やウイルスといった病原体が侵入してきた場合に、免疫(=侵入してきた病原体に対して対抗できるように自分を守るものを作って攻撃をすること)が自然と働く防御システムのことです。

つまり、新型コロナウイルスに感染しても無症状や軽症で済んでいる人は、この自然免疫がしっかり働いていると考えられており、ウィズコロナの時代を生き抜くためにも欠かせません。

免疫力を低下させない生活を

しかし、免疫力は、睡眠不足や偏った食事、運動不足、ストレスなどが組み合わさると、簡単に低下してしまうということが、多くの事例からも分かってきています。

したがって、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや風邪などを予防したり、もし感染した場合でも重症化しないように、常時免疫力を高める努力をして、いざというときに備えておく必要があるのです。

是非、日ごろから免疫力を高める行動を意識して、取り入れていきましょう。

日ごろからできる免疫力を高める4つの行動

◯睡眠

1日の睡眠時間が平均的に7~8時間は確保できるように、1日の生活リズムを考えましょう!

◯食事

みそ汁や納豆など、免疫力が高まる食材を、日々の食事に加えるようにしていきましょう!

◯運動

毎日少しでも歩く、ストレッチ運動をするなど、日々のスケジュールに適度な運動を取り入れましょう!

◯ストレス

「笑い」を日々取り入れて、「笑顔」を習慣化しましょう!「つくり笑い」でも効果あり!

免疫力UP健康食

1日1パック!「納豆」食べましょう!

毎日食べると効果的!

納豆は、たんぱく質やビタミン、食物繊維が豊富な「自然のプロテイン」と言ってもいいくらいの食べ物です。

整腸作用や免疫力アップ、血栓予防など様々な健康効果が認められており、継続的に食べることでより効果が期待できると言われている、医師からもお墨付きの万能な健康食品です。

納豆

夜に食べるのがおすすめ!

様々な効果のうち、免疫力アップには夜食べるのが特に効果的とされています。

私たちの免疫力の約7割が腸でつくられるとされていますが、腸の消化活動が活発になるのは夜、特に「22時~2時」の間がゴールデンタイムと言われており、寝ている間に納豆菌によって腸内環境が整えられることで、最大の効果が発揮されるのです。

乳酸菌との組み合わせが◎!

また、整腸作用といえば乳酸菌。納豆菌には乳酸菌の増殖を助ける働きがあるため、乳酸菌が多く含まれるヨーグルトやキムチなどと一緒に食べることで、さらに効果が高まります。夜お酒を飲まれる方には、おつまみに「納豆キムチ」など最高におすすめですよ!

値段も安く、毎日1パック食べるだけで免疫力が上がり病気の予防にもなる納豆、是非おすすめです!

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み