[オフィス空間づくり]「スタッフの生の声」を集めてみませんか?

オフィス空間づくり

トップの想いが伝わるオフィス空間にするために「スタッフの生の声」を集めてみませんか?

オフィス空間に求められる7つの機能

オフィス空間には、様々な機能が求められています。例えば、コミュニケーションを重視するオフィスもあれば、作業効率を重視するオフィスもあるでしょう。

弘法では、オフィス空間は下記の7つの機能に分解できると考えています。そして、これらの7つの機能の中でも何を重視するかは、トップの想いや将来のビジョンによって会社それぞれで変わってきます。

オフィス7つの着眼点

経営者とスタッフのミスマッチを防ぐ

会社だけでなく、そのオフィス空間にいる人の立場によって求めることも変わってきます。せっかくオフィス空間をリニューアルするなら、トップ(経営者側)も満足し、そこで働くスタッフも満足する、双方に満足度の高いオフィス空間にしてきたいですね。

アンケートとヒアリングがおすすめ

そこで、私たちがおすすめしているのが「アンケートとヒアリング」です。

まず、スタッフ全員にオフィス空間に求めることをアンケートをとり、そのアンケートに基づいてヒアリングするのです。そうすることで、一人ひとりのオフィス空間に対する思いや要望を吸い上げることができます。

トップの想いをオフィス空間を通じて伝えていくのであれば、まずはスタッフの生の声を吸い上げましょう。そうすることで双方のミスマッチを防ぎ、トップの想いもより伝わりやすくなると考えます。

無記名アンケートや外部業者を有効活用

但し、アンケートとなると「名前を書くと本音を書きにくい」という方もいらっしゃいますので、無記名でのアンケートをおすすめします。

もしくは、私たち弘法のような外部の業者を有効的に活用するのも一つの手です。第三者を間に挟むことで、本音=生の声は一段と集めやすくなります。

もし弘法をご活用いただければ、アンケートとヒアリングをサービスで実施しております。オフィス空間のレイアウト改善をお考えの企業様、お気軽にお声がけください。

弘法でもアンケートを実施しました!

弘法でも、今後オフィス空間のリニューアルを予定しており、それに先駆けて経営者とスタッフのミスマッチを防ぐ取り組みとして、アンケートとヒアリングをそれぞれに対して実施しました。

スタッフは、「自分たちの想いを伝えることができた」、社長は「スタッフみんなの意見を聞くことができた」と好評で、このアンケートをもとに、オフィス空間改善の社内提案を行いました。

アンケート例

発想力・創造性

○社内コミュニケーションが増えているからこそ、一人で集中できるスペースが欲しい
気分を変えてアイディアを出すために、様々な種類の椅子があるとよい

業務効率・生産性

○5Fと6Fは、忙しい時は書類を溜めがちなので、書類をオンラインでやり取りできるようになるとよい
○サーバーやパソコンの処理スピードが遅いものがあり、一日に換算すると数十分のロスが生まれている

コミュニケーション

立ったままで、気軽にコミュニケーションが取れる場所が欲しい
○防音、照明、背景つきのオンライン商談スペースが欲しい
○机に座ったまま話すことが多く、デスク付近にミーティング用スペースがあるとよい

社員のモチベーション

○5F、6Fのスタッフが交流する機会が増えるスペースが欲しい
○昼食を皆と一緒に食べたり、一人で食べたりと、いろいろな場所があるとよい
個人用のロッカースペースをつくって、整理整頓したい

オフィス空間に関するアンケートを実施してみませんか?

自社オフィスのレイアウトについて社内の意見を聞くお手伝いいたします!
●アンケート(経営者・スタッフ)
●ヒアリング(経営者・スタッフ)
●診断報告&改善方向性ご提案

ご興味がある方はお問い合わせフォームまたはお電話でお気軽にご相談ください!
TEL.082-243-4455

弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み