【広報誌・情報誌】読まれる広報誌の秘訣は読み手との“つながり” その3

読まれる広報誌・情報誌づくり

その3

今回も引き続き、今回も三菱日立パワーシステムズ労働組合呉支部で組合員向けに発行されている広報誌づくりについて、改善ポイントをあげながらご紹介していきます。

改善提案ポイント②文字や写真にメリハリをつけましょう!

メリハリ=強弱をはっきりすること

メリハリとは、物事の強弱をはっきりさせることを言います。それをデザインに当てはめると、【大きく太い文字↔小さく細い文字】【大きい写真↔小さい写真】などといったものになります。

広報誌や情報誌の場合、まずパッと見で何が載っているかが伝わらないと読み進んでもらえませんが、今回の「呉支部報」では全体的にメリハリが弱く抑揚が無いため、パッと見で誌面に興味をひきこみにくく感じられました。

そこで、「文字や写真にメリハリをつける」改善策をご提案させていただきました。
まずはタイトル。パッと見で何が載っているかを伝える役割なので、大きく太くし、縦書きにする、濃い色を使うなど、周りの文字と差別化してメリハリを出しました。

タイトル改善

「ひきつけて読ませる」のリズム

また、同じ大きさで並んでいた2枚の写真の大きさに大小のメリハリをつけることで、「ひきつけて読ませる」のリズムが生まれ、両方の写真により目が行くようになりました。一見、同じ大きさに扱った方が平等に目が行きやすく感じられますが、同じであるが故、両方ともに視線が分散してしまい、結果的にぼやけてしまうのです。

あえて2つの写真の大きさに明確な格差をつけることで、「大きな写真でひきつけて→小さな写真を見る」という「ひきつけて読ませる」のリズムが生まれています。

写真改善

↓読まれる広報誌の秘訣は読み手との“つながりシリーズ。

前回までの記事はこちら

[広報誌・チラシ・DM添削サービス随時承ります!]
広報誌・チラシ・DMを現在発行されている」または「これから新規発行を目指す」中小企業・団体様是非、お気軽にお問合わせください!
お問い合わせフォーム
TEL.082-243-4455
弘法オルフィス通信 Facebook
弘法オルフィス通信購読申込み