オフィスに潜む8つのムダ[その7]人・コミュニケーションのムダ対策-その2-後編

8つのムダ後編

前回は採用難の要因、採用の現状と今後のポイントや、辞めにくい採用についてご紹介しました。

後編となる今回は、中小企業の“新卒採用”および“中途採用”の現状と対策について詳しくご紹介したいと思います。

新卒採用策

新卒採用の動向

プレナビ・インターンシップなど採用活動は早めにスタートする

新卒採用は、大学3年生の3月~広報活動が解禁され、4年生の6月~選考活動が解禁となり、10月~内定となります。

しかし、実際には大学3年生の6月頃~プレナビやインターンシップといった形で企業情報を提供して学生と接触を持っており、3月解禁→一斉に説明会・選考→選考解禁前5月末には内々定率は60%(就職決定率は25%)になっています。

したがって、しっかりと就職戦線の動向に気を配り、乗り遅れないようにする必要があります。

新卒採用活動流れ
※1プレナビとは広報活動解禁前に実施するナビ(インターネット)。会社案内と労働条件の前年度の参照程度なら告知できる。

学生の活動量が減少している

また先述もしましたが、ナビ(インターネット)による就職活動が一般化している現代では、
○説明会に行く前にナビで絞り込む
○希望の業種・職種だけに絞り込む

といった傾向が多く見られ、学生の視野が狭まって活動量も減ってきているため、企業側はより積極的に学生と接触する機会をつくる必要があります。
以前・現在

「インターンシップ」を有効活用

インターンシップとは、元来、学生が就職前に就業体験を積むために一定の期間、企業などで職場体験をする制度のことですが、現在は企業側が学生に自社を知ってもらう、または優秀な人材を見つける機会として有効活用することも少なくありません。

タイミングとしては、大学3年生の6月頃からが多く、早ければ1・2年生から受け入れを実施する企業もあります。

しかし長期のインターンシップは企業側の負担も大きいため、「1dayインターンシップ」で開催する企業が多くなっています。

メリット・デメリット

新卒採用に向けた対策

「メディアミックス」による積極的な露出が必要、自社の存在と仕事について知ってもらう機会をつくることが大事

少子高齢化による若年層の働き手の減少は大手企業にも影響を与え、今まで以上に様々な採用方法を使って人材確保に力を入れてきています。

そんな中、中小企業が人材を確保するためには、まずは自社の存在と仕事について知ってもらい、学生の就職希望先の一つとして検討対象にならなければなりません。

そのためにも、ナビや合同説明会、そしてインターンシップの活用など様々なメディアをミックスしながら、より積極的に露出して学生と接触する機会をつくる必要があります。

また、インターンシップを活用することで仕事への理解が深まり、入社後のミスマッチによる早期離職も防ぐことにもつながります。

新卒採用策

新卒ナビ(インターネット)

大学3年生の3月の広報活動の解禁に合わせてオープンする。会社情報の公開だけでなく、応募者管理や説明会、面接の調整など全面的にサポート。

【豆知識】プレナビ[広報活動解禁前の大学3年生6月~2月]

会社案内と労働条件の前年度の参照程度なら告知可能。この期間に興味のある企業に絞り込む学生も多い。
〈おすすめのナビ〉  ○マイナビ ○リクナビ ○キャリタス

インターンシップ

学生が就職前が就業体験として一定期間企業などで職場体験をする制度。企業側にとっても自社や仕事への興味づけになる。大学3年生の6月~夏休み、後期試験後3月解禁前の1月下旬・2月に実施。

【豆知識】1dayインターンシップ[1日完結版]

1日で完結するインターンシップ。通常より気軽に参加しやすいため、「会社説明会」的に活用する企業も多い。

ダイレクトリクルーティング

企業が自ら積極的に求める人材を、仲介者(ナビや広告など)を介さず、SNSや人材データベース(スカウトサービス)などから探し出して直接アプローチを行う「攻め」の採用活動。欲しい人材にピンポイントでアプローチできるため、効率が良い。
〈サービスの一例〉  ○キミスカ ○キャリセン就活エージェント

合同説明会

様々な企業が集まっているため、自社に興味のなかった学生に向けても露出のチャンス。また、他社のアピール方法も参照できる。

新卒応援ハローワーク

学生の就職を専門にサポートするハローワーク。厚生労働省が運営する国の機関で、情報は全国に公開される。

自社ホームページ

ホームページは、求職者に必ず見られる職場のイメージを伝える重要なツール。求人情報も充実させておけば安心感につながる。

大学への求人票設置

大学のキャリアセンター利用者の約半数が求人票を閲覧※3している。また関係を築いておけば、学生に宣伝してくれることもある。
※3:出典「2018年卒大学生就職活動調査(一般財団法人 雇用開発センター)」

中途採用策

中途採用の動向

有効求人倍率が高く、求める人材や即戦力が少ない

中途採用に関しても、中小企業は厳しい状況にあります。主な要因は、やはり有効求人倍率の高騰や求人と希望職種のミスマッチがあげられますが、「即戦力の人材が少ない」という面もあります。

最低限の人員でまかなう中小企業にとっては、採用や採用後の育成にも時間や費用をかけづらく、片手間な採用策になってしまったり、また人材にも出来る限り即戦力を求めます。

しかしながら、対象の中心となる30代後半~40代半ばはバブル崩壊後からの就職氷河期世代と呼ばれ、新卒でも非正規社員(契約・派遣)として働いていた方が多く、キャリア不足の方が多いのが現状です。

厳しい要因

今後の見通しと対策

新卒採用へのシフト、メディアミックス、適材適所の採用

中途採用には、大手企業も積極的に参戦してきており、今後も厳しい状況は続くと思われます。

したがって、「即戦力」にこだわらず新卒にも枠を広げられるのもよいでしょう。中途採用の場合、条件や給与面の関門がありますが、フレッシュな新卒にはあまり必要ないのもメリットです。

また、採用策は新卒と同じく様々なメディアをミックスして、できるだけ露出度を高めておきましょう。

採用時のコツとしては、求める人物像を明確にしておくこと。仕事の経歴だけでなく、性格、スキルなどを具体的に定めておくことで、「適材適所」の本当に必要な人材が見つかりやすくなります。

中途採用策

転職サイト(インターネット)

専門サイトに求人情報を掲載して求職者からの応募を待つ。
○マイナビ転職 ○リクナビNEXT など

リファラル採用(社員紹介)

社員を通して知人や友人など、自社に合う人材を紹介(推薦)してもらう採用手法。

転職エージェント

担当アドバイザーが企業と求職者のマッチングをサポート。
○人材紹介会社 など

転職者向け合同説明会

転職サイトやエージェントが主催する説明会。業種限定もあり。
○マイナビ転職フェア など

その他

求人広告・雑誌、折込チラシ、ハローワーク、自社ホームページ など

自社に最適な“人材確保”を

採用難の要因から、新卒・中途採用それぞれの採用策についてご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか?
原因と対策をしっかりと見極めて、自社に最適な“人材確保”に取り組んでいきましょう!

↓オフィスに潜む”8つのムダ”シリーズ。前回までの記事はこちら

オフィスに潜む8つのムダ[その7]人・コミュニケーションのムダ対策-その2-前編

8つのムダ

採用難時代の採用策

求人募集数に対して求職者がかなり少ない“超売り手市場”と呼ばれる昨今、中小企業における“人材確保”はますます難しくなってきています。

かといって、“来ない人材”をいつまでも待っているわけにもいきません。“採用難の原因は何か”“どのような策が有効なのか”をしっかりと見極めて自社に最適な“人材確保”の策に取り組んでいきましょう。

採用が難しくなっている要因①生産人工の減少

採用難の最大の要因は、少子高齢化の進行による生産性の高い若年層の減少です。

加えて、大学などへの進学率の高まりから高卒就職者も減少しており、これまで高卒採用していた企業も大卒採用にシフトせざるを得ず、人材獲得競争はより激しくなってきています。

有効求人倍率の推移

また、「有効求人倍率※1」は2009年のリーマンショック後の0.47倍を境に年々高騰し、現状は1990年のバブル期(1.46倍)をも上回っています。採用難の最大の要因は、少子高齢化の進行による生産性の高い若年層の減少です。

加えて、大学などへの進学率の高まりから高卒就職者も減少しており、これまで高卒採用していた企業も大卒採用にシフトせざるを得ず、人材獲得競争はより激しくなってきています。

また、「有効求人倍率」は2009年のリーマンショック後の0.47倍を境に年々高騰し、現状は1990年のバブル期(1.46倍)をも上回っています。
有効求人倍率

採用が難しくなっている要因②求人と希望職種のミスマッチ

もう一つの大きな要因は、企業側の求人と学生側の希望業種・職種とのミスマッチによるものです。

企業側の求人が土木、介護、接客サービス、販売、飲食、運輸などの第3次産業系が多いのに対し、学生側は事務系、専門技術系、クリエイティブ系を希望する人が多く、業種・職種によって偏りが出ているのが実態です。

また希望の仕事に就けない場合、妥協して就職した結果、早期離職…という悪循環も生まれています。

ミスマッチ

中小企業の採用の現状と今後のポイント

「ナビ」による就職活動が一般化

就職活動と言えば、一昔前は興味のある会社や仕事に対し、会社説明会など様々な場所に学生自ら足を運んで企業研究をするというものでした。

しかし、インターネットが当たり前となった現代では、「ナビ」で知っている会社や興味のある会社・仕事を検索していきます。そのため大手や人気業界・企業にエントリーが集中しやすく、中堅・中小の一般知名度の高くない会社・業界・仕事は選ばれにくい状況となり、企業の会社説明会への参加者数が半減したり、内定者が1/3になることもあるようです。

接触の機会を増やすことが大事

このように、学生の視野や活動量が減ってきている状況の中、特に中小企業は積極的に自社を知ってもらったり、接触できる機会をつくっていくことが、今後の採用活動においては大事になります。

採用のやり方を考えよう!

中小企業にとっては、人材採用後の「求人と希望職種のミスマッチ」による早期離職も大きな痛手。早期離職で時間と費用をムダにしないためにも、「採用のやり方」を考えていきましょう。
辞めにくい採用

離職率を下げる採用時の「適性検査」

早期離職者に対し、「面接のときは良いと思ったのに…」という経験はありませんか。人間の本質は、数回の面接だけでは見抜くことは難しいものです。メンタル面や潜在的な性格、いざというときの対応力などは、その状況になってみないと分かりません。

そこで、採用時に適性検査がおすすめします。いざというときのストレスへの耐性を事前にチェックして知っておくことで、適材適所の人材配置もできますし、対処法を知っておけば離職防止にもなります。

適正検査
〈おすすめの適性検査〉アドバンテッジ インサイト

「社員からの紹介」や「お客様」の採用

早社員からの紹介採用(リファラル採用)や店舗等ならお客様に声を掛けて採用するのも一つの手です。会社の内情を知っている社員からの紹介ということや、元々会社(お店)自体に好意を持ってくれているお客様ということもあり、入社後の弊害も少ないでしょう。

「面接時の対応」と「福利厚生」の充実

時代とともに、就職に対する学生の意識も変わってきており、企業側も対応していく必要があります。

仕事内容だけでなく、労働条件や福利厚生への意識が高くなっており、面接時にも労働時間(残業・休日)、給与、勤務地、雰囲気、福利厚生などについての質問が多く、他にも「オフィスがキレイか」といったことも志望基準の上位になっています。

採用対策など

現状を見極めて採用策をしっかりと!

今回は採用難の要因、採用の現状と今後のポイントや、辞めにくい採用についてご紹介致しました。

次回は、中小企業の“新卒採用”および“中途採用”の現状と対策について詳しくご紹介したいと思います。

↓オフィスに潜む”8つのムダ”シリーズ。前回までの記事はこちら

オフィス改善インタビュー その2「説明会や面接に社長が毎回同席。現場のリーダーも選考に加わる!」

オフィス改善インタビュー第二弾
株式会社 徳山スイミングセンターの青木代表取締役に聞いた企業における「人の問題」に関するインタビュー第2弾。
今回は「採用難時代の採用策」にスポットを当て、どのようにして人材を確保しているのかについて、具体策を伺った。

手間暇かけて良い人材を採用する

採用活動について以前はどのようなことをされていましたか―

県主催の合同説明会参加やハローワークが中心だった

以前の採用活動は山口県が主催する合同説明会に参加するのがメインでしたが、年々参加人数が減ってきている状態でした。また同時に、ハローワークにも求人を出していましたが、いずれにしても待ちの採用活動でした。

現在はどのような採用活動を実施されていますか―

「ナビ」の活用で説明会への参加者が激増

5年程前からインターネットを使った「新卒採用ナビ」を使い始め、それ以来、当社に応募していただく学生の方、つまり説明会へのエントリー人数は劇的に増えました。

過去多いときでは年間50名程の学生さんに説明会にエントリーしていただくなど、じっくり選考を重ねながら採用することができています。

採用ナビ
合同説明会への参加者数は年々減ってきている

他にはどのような活動を実施されていますか―

メディアミックスの採用

ナビ以外では、自社サイトの採用ページの整備や、折込チラシ、ハローワーク、館内掲示、紹介促進など、様々な手段を組み合わせて行っています。

お客様である会員様を獲得するのと同じぐらいスタッフ採用にもエネルギーをかけていくことで、良い人材を獲得することにつながっています。そして良いスタッフが獲得できたことで、自然と会員様も増えてきている感じです。

この業界は、お客様を楽しませないといけない仕事。

選考方法についてはどのような工夫を行っていますか―

楽しく気軽な面接を最低3回は実施

今は選考方法も見直しまして、面接回数は最低3回、多い方で6回ぐらい実施しています。選考現場では「楽しく、気軽に」を心がけており、説明会や面接に参加された方からは、「他社と違ってリラックスして楽しめた!」と言っていただいています。
就職面接

当社の運営しているスイミングクラブ・スポーツクラブ業界の仕事は、お客様(会員様)を楽しませないといけません。だから、面接に来ていただく求職者の方にも、「この会社の説明会や面接に来たら楽しかった」と言ってもらえるように、なるべく気軽な雰囲気をつくるようにしているんです。

また、リラックスした雰囲気を作ることで求職者は本音を話してくれやすく、「人物そのものを見極めやすい」という相乗効果もあり、採用にも大いに役立っています。

社長の私も毎回参加

ちなみに、1回目の会社説明会から最終面接まで、基本的に社長である私も毎回同席させていただいています。

なぜなら、企業側だけでなく求職者にとっても「企業を見極める上で社長と会うことは重要」だと考えていますので、その場で私の想いもしっかり伝えるようにしていますし、同時に私も直接人材を見極めることができています。

そうすることによって想いが伝わるからか、面接前まではほぼ他社に気持ちが傾いていた学生さんが当社に入社いただいた、という例も少なくありません。

インタビュー

現場リーダーの参加で採用のミスマッチが激減

また3次面接では、現場のリーダーであるマネージャーや主任にも面接に参加してもらっています。

私や採用担当者の意見だけで採否を決めるのではなく、現場リーダー全員の合意がなければ基本的に採用しないようにしてからは、ミスマッチが劇的に減少したと思います。

ですから当社では社長、採用担当、マネージャー、主任が面接に参加し、全員の合意で採否を決めていることになります。

他の採用活動の効果はいかがですか―

複数メディアでアプローチを行うことは重要

先ほども少し触れましたが、当社ではありとあらゆるメディアを組み合わせて採用活動をしており、大学での説明会に参加したり、高校に求人を出したりといったことも行っています。

実際に大学での説明会に参加したことをきっかけに、ナビを通じて会社説明会に参加されることもあり、複数メディアでのアプローチは重要です。

また高校に求人を出すことでも、毎年1名程度の高卒生を採用することもできています。
以前は高卒生は採用しない方針だったのですが、実際に高卒生を採用すると大卒生と遜色ない優秀な方も多く、採用して良かったと感じています。

「優秀な人材の確保」=「会員様の増加」にもつながる。

採用活動を変えてどうでしたか―

手間暇かけないと優秀な人材は獲得できない

まず、新卒ナビを活用し始めたことをきっかけに、採用担当者が年間を通して採用計画を立てて行動し、全社一丸になって採用を行ったことが優秀な人材獲得につながっていると思います。

当社のようなサービス業は、「優秀な人材の確保」=「会員様の増加」につながりますので、人材採用に力を入れて正解だったと思っています。

また、スイミングクラブ・スポーツクラブ業界では正社員の比率が低いですが、当社では正社員がパート・アルバイトとほぼ同じぐらいの比率で在籍しており、その結果、会員様に対するきめ細かいサービスを実現できているように思います。

正社員を獲得するために様々な手段を組み合わせて行う労力は相当大きなものがありますが、「手間暇かけないと優秀な人材は獲得できない」ということもよくわかりましたので、今後も手間暇かけて良い人材を獲得していきたいと思います。

初心者の方でも安心してレッスンができます!

今回インタビューに応じてくださった「株式会社 徳山スイミングセンター様」の運営される「スイミングセンター徳山」「スポーツクラブ徳山」「B-line!新南陽」では、初めての方も安心してレッスンができます。気になる方は是非ご利用ください!
徳山スイミングセンター

株式会社徳山スイミングセンター
〒745-0801
山口県周南市久米下和田932-1

◆お気軽にお問い合わせください
TEL:0834-26-0581

[終了]【2/20開催】弘法ソリューションフェア 2020 防府会場

2020年2月20日(木)に『弘法ソリューションフェア 2020 防府会場』を防府市地域交流センター「アスピラート」(山口県防府市戎町1-1-28)にて開催いたします。

高速フルカラープリンター ORPHIS GDシリーズ・FWⅡシリーズ、高速デジタル印刷機 SFシリーズ、カラー複合機TASKalfaシリーズなど、そのほかにもオフィスを快適にする製品を各種ご提案します。

フェア 2020 防府会場1
フェア 2020 防府会場2

◆日時◆
2020年2月20日(木)
10:00〜17:00

◆会場◆
防府市地域交流センター「アスピラート」
山口県防府市戎町1-1-28

ぜひ、ご来場ください。

◉無料セミナーのご案内

無料セミナー1

『広報誌・チラシづくり基礎勉強会』10:30〜12:00
喜んで読まれる広報誌・情報誌
・ネタの集め方
・興味を持たれるネタ・タイトルとは
・読みやすい配置・レイアウト
・効果的な活用法

お客様の心を掴むチラシ・DM
・ターゲットを絞ってヒット率を高めよう
・関心客が集まりやすいチラシとは
・1色や2色チラシの効果実例
・お客様の心を掴んで反響の高いDM

無料セミナー2

『人材採用・定着策 & 残業削減策』13:30〜15:00
・今後3年間でさらに変わる雇用環境
・中小企業の採用対策
・若手社員の定着率を上げる方策
・残業を削減するスピードアップ術

講師:有限会社楽まうく 代表取締役 森本琢磨 氏

※各講座先着20名様限定となっておりますので、お早めにお申し込みください。
※複数講座をお申込の場合は、備考にその旨ご記入くださいませ。

■お問い合わせ先
〒753-0871 山口市朝田1800-1
株式会社 弘法 山口営業部
TEL(083)922-6964

[終了]【2/26開催】総務・人事フェア 2020 福山会場

2020年2月26日(水)に『総務・人事フェア 2020 福山会場』をまなびの館ローズコム 4階(福山市霞町1-10-1)にて開催いたします。

高速フルカラープリンター ORPHIS GDシリーズ・FWⅡシリーズ、高速デジタル印刷機 SFシリーズ、カラー複合機imageRUNNER ADVANCEシリーズ、TASKalfaシリーズ、発送の手間を大幅に減らす郵便料金計器など、そのほかにもオフィスを快適にする製品を各種ご提案します。

総務・人事フェア1
総務・人事フェア2

◆日時◆
2020年2月26日(水)
9:30〜17:00

◆会場◆
まなびの館ローズコム 4階
福山市霞町1-10-1

ぜひ、ご来場ください。

◉無料セミナーのご案内

無料セミナー
第1部『「採用」と戦力としての「定着」』10:30〜11:30
・新卒採用の環境と就職戦線について
・若年層の企業選択と離職理由
・適性検査「インサイト」で判る戦力になる人材

講師:e-情報プロモーション株式会社 代表取締役 野間敬一

第2部『20代〜30代の若手社員を定着させるための人事評価制度』13:00〜14:30
・人事評価制度の必要性
・人事評価制度のポイント
・辞めにくい人材育成のコツ

講師:有限会社楽まうく 代表取締役 森本琢磨 氏

※各講座先着20名様限定となっておりますので、お早めにお申し込みください。
※複数の講座をお申込の場合は、備考にその旨ご記入くださいませ。
※第1部・第2部の両方のセミナーに参加される方にはお弁当をご用意いたします。

■お問い合わせ先
〒720-0815 福山市野上町3-1-38
株式会社 弘法 福山営業部
TEL(084)925-0071

[終了]【5/20開催】人材採用支援セミナー

2019年5月20日(月)に、『人材採用支援セミナー ITが変える採用の未来』を株式会社弘法 本社3階イベントルームにて開催いたします。

当セミナーでは、現在話題となっているHRテックやダイレクト・リクルーティングなどの新たな採用戦略について実例を交えながら、中小企業にとって確実に適した人材を獲得するその手法を徹底解説して参ります。また、セミナー終了後、15:45から5社限定の無料相談会を行います。

採用無料セミナー
講師プロフィール

セミナーでお伝えしたい5つのポイント!
・中小企業が確実に採用を成功させるコンテンツ戦略とは
・ダイレクト・リクルーティングの正しい活用法
・HRテックがもたらす新たな採用市場について
・オンライン広告でピンポイント人材を獲得する方法
・社員も変わる採用のおもてなし化

◆日時◆
2019年5月20日(月)
14:00〜15:30(開場13:30)

◆会場◆
株式会社弘法 本社 3階イベントルーム
広島市中区千田町1-3-4 3階

◆講師◆
イリスグループ 代表取締役 原田 光治 氏

5社限定無料相談会

15:45〜 (60分から90分程度を予定しております。)

※定員30名参加無料
※事前申込が必要。
※個別ではなく、合同相談会となります。
※ページ下部に「イベントお申込みフォーム」がございます。

インターネットを活用した、新しい採用に興味をお持ちの皆様のご来場をお待ちしております。

■お問い合わせ先
〒730-0052 広島市中区千田町1丁目3-4
株式会社 弘法 営業企画室 担当:阿部
TEL(082)243-4455