[健康経営はじめませんか!?]テーマ1:経営リスクの軽減

健康経営title

健康経営メリット

テーマ1:経営リスクの軽減

健康経営に取り組む最大のメリットは、企業にとって最も重要な経営資源である「人」のリスクマネジメントが可能になるということでしょう。社員が突発的に離脱、離職することは、企業にとっては大きなダメージとなり得ます。
経営リスクを軽減するためにも、健康経営に取り組みましょう。

健康経営に取り組むことでの、経営リスク減少のメリット

病気休みが減少し、イキイキ働く風土づくり

従業員の高年齢化への対応

労働人口の高齢化も進んでおり、企業にとってシニア世代は貴重な戦力であります。高年齢の従業員は、若い従業員と比べると健康状態は低下しています。健康経営に積極的に取り組むことで従業員の健康増進につながり、イキイキと働いてもらえる風土がつくられていきます。

体調不良で休めない風潮のコロナ渦

またコロナ渦では、体調不良は一緒に働く従業員や顧客から不信感、不満足に直結します。コロナ渦で多少の体調不良も許されない風潮にありますので、従業員の健康サポートは不可欠であります。

人の健康は、業績に直結する

経営者の健康状態は業績に直結

従業員だけでなく、実は経営者の健康は会社の存続も左右する非常に重要な事項であります。従って、従業員の健康ケアはもとより、日ごろからハードワークになりがちな経営者の健康意識、健康への取り組みも、同時に見直していかねばなりません。

従業員の健康は顧客満足度とリンクする

また、体調の悪い従業員は、よい仕事はできず、その影響は顧客への対応にもつながります。つまり、従業員の健康状態は、顧客満足度にも一致していくのです。

病気やケガでの離脱防止

従業員の突然の離脱を防止する

日ごろからの食生活や睡眠などが乱れていると、病気になったり、入院せざるを得ないといった状況が起こりえます。また、病気だけでなく、ぎっくり腰などのケガによって休まざるを得ないという人も少なくありません。

従業員一人の存在価値の高い中小企業では大きな痛手になりますので、病気やケガを未然に防止する取り組みが必要となります。

メンタルヘルス不調の未然防止

うつ病など精神疾患での離脱を防ぐ

昨今、うつ病などの精神疾患で離脱される人が増えています。従業員がメンタルヘルスを保てるように、会社としての配慮が必要となります。相談窓口を設けたり、人間関係の不和に会社が介入して、改善することが求められます。

離職率の低下

従業員の満足度アップ

従業員の健康を追及すると、おのずと労働環境の見直しや改善につながり、従業員が定着しやすくなります。また、会社が「自分たちの健康に配慮してくれている」という想いは、従業員にとって非常に満足度が高まります。大事な従業員が辞めないためにも、健康経営に取り組んでいきましょう

インタビューtitle

弘法社員にインタビュー~♪

Q.弘法サービス部門では辞める人が少ない印象ですが、現状は―

13年前から10人増員しています!

弘法のサービス部門は、広島、東広島、福山、山口に営業所にスタッフが分散しており、現在は総勢21名体制になっています。
私が13年前にマネージャーを引き継いだ時は13名だったので、かなり増えていますね。13年前からの退職者は病気の方が1名だけで、以来一人も辞めていません。

スタッフ同士の協力体制がいい!

当然、風邪などで休むことは多少ありますが、退職するまでには至っていません。
以前は、病気をしながらでも、お客様に迷惑かかるので仕事をしたりもしていましたが、今では、スタッフが休むことがあっても他のスタッフがサポートするなど、スタッフ同士の協力体制ができているので、お互いに休みやすくなっていて、それも良いのかなと思います。

Q.サービス部門の離職率が低い理由は―

コミュニケーションが離職率の低い一番の要因

スタッフ同士がしっかりとコミュニケーションを取れていて、フォローし合えているからではないでしょうか。
スタッフ同士の年齢に谷間がなく、いろいろ相談し合えるというのも大きいですし、お互いがお互いを理解してフォローできているので、好循環が生まれているのだと思います。
また、退職者がいないため急な異動もしなくてよく、それも離職率が低い循環になっています。

Q.スタッフ同士がお互いをフォローし合えている要因は―

コミュニケーションで困った時に相談し合える関係づくり

以前は、年に1回の全社会議の時だけ全スタッフが集まっていましたが、10年程前からは年2回はサービス部門だけでも集まってミーティングや研修を行っています。

さらにリーダーだけでも、3ヶ月に1回集まってのミーティングで方針など話し合ったり、35歳以下の若いスタッフだけでも3ヶ月に1回は集まって、テーマを決めて発表し合ったりしています。

また、会議やミーティングの後は必ず懇親会も行ってお互いの人間関係ができているので、困ったときは誰でも相談できる体制ができたと思います。現在のコロナ渦では懇親会はできないので、「以前からしっかりコミュニケーションを取っていて良かったな」と、余計に思っています。

若者ミーティング
35歳以下の若者ミーティングの様子
親睦会
親睦会はお互いをよく知るよい機会※親睦会はコロナ禍以前のものです。

Q.サービス部門の健康経営について、他にも取り組んでいることをお聞かせいただけますか―

やりがいを持って働けるようプロセスを評価

これは健康経営というテーマとは少しズレるかもしれませんが、私は「やりがいをもって働くこと」が大事と思っているので、サービス部門では結果だけでなく、「プロセスの評価」をしっかり行っています。

例えば、「お客様にどれだけ良い提案をしたか」とか、「どれだけ情報発信をしたか」というのも評価の対象で、スタッフのモチベーションにつながっていると思います。

日ごろコミュニケーションが取れている成果か、メンバーのモチベーションが高く、何をやるにしても「できない」というNOという返答ではなく、「どうしたらできるか」という前向きな考え方に全員がなっていると思いますね!

Q.今後のサービス部門の健康サポートの方向性は―

今後もリアルなコミュニケーションにこだわってやっていきたい!

現在はコロナ渦なので、会議などもオンラインで行っていますが、お互いがフォローしたり、質問し合えたりといった協力関係ができているのは、これまでにリアルに会って、ミーティングしたり懇親会したりしているからこそできているチームワークがある思います。なので、今後もリアルなコミュニケーションにはこだわっていきたいと思います。

そして、これからも部門内でスタッフが辞めずにフォローし合えてしっかりと仕事ができる環境をつくり、やらされることではなく、やれることを増やして仕事の面白さを生み出していきつつ、皆で協力してお客様をしっかりサポートしていきたいですね!

健康経営のお手伝いします!

株式会社 弘法は、経済産業省より「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました。
今後は地域の法人の皆さまにも、様々な取り組みで得た経験を活かして、「健康経営」の促進をお手伝いさせていただければと思います。健康経営にご興味を持たれましたら、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせフォーム

健康経営優良法人認定制度については経済産業省のHPを御覧ください。

人がイキイキと働ける環境を!健康経営はじめませんか?

健康経営はじめませんか

健康経営はじめませんか!?

経営と従業員の健康は密接な関係

健康経営とは、会社の生産性アップと将来的な業績アップを目指すための投資のことで、従業員の健康を維持・増進することによって業績や企業価値の向上を目指すものです。企業は人が資産。コロナ禍でも実感する通り、従業員の健康と経営は切っても切れない密接な関係にあります。

新型コロナウイルスへの感染やインフルエンザ、またはぎっくり腰など体のことに加え、仕事の悩みなどによるうつ症状など、精神面も含めた傷病により、従業員が働けなくなると業務に支障をきたします。それが経営者となると会社の業績にも直結します。このように、従業員の健康管理は今や会社の命題なのです。
経営と従業員の健康

イキイキと働ける環境づくりは経営者の使命

従業員全員がイキイキと働ける環境をつくることは、会社の存続のための経営者の使命です。そのためにも、あえて「健康経営」と銘打って、会社全体として取り組むことは。これからの時代に欠かせません。

健康経営に取り組むメリットは、「生産性の向上」だけでなく、「経営リスクの軽減」や「人材の確保」、「企業のイメージアップ」にもつながるなど、企業経営の重要ポイントとも関わってきます。ぜひ、本気で取り組んでみませんか。

健康経営に取り組むメリット

生産性の向上

○集中力+パフォーマンス向上 ○モチベーションアップ

人材の定着

○離職率の低下 ○印象アップによる採用の促進

経営リスクの軽減

○病気での休みの減少 ○疾病による離脱防止

企業イメージアップ

○銀行融資の金利への影響 ○印象アップによる採用の促進

弘法 「我が社の健康経営 具体策」

弘法では、現在以下のようなことに、全社的に取り組んでいます!

○健康診断、インフルエンザ予防接種補助(健診費用の一部補助)
○人間ドック補助支援(健診費用の一部補助)
○禁煙外来(禁煙外来にかかる費用の補助)
○ハラスメント窓口(ハラスメントに関する相談窓口の設置)
○五感に訴える取り組み(業務効率の上がる空間づくり)

弘法実践!「五感」に訴える健康経営の取り組み

01.視覚

植栽などを置いて、視覚的にリラックスしやすい空間づくりを意識しています。
視覚

02.聴覚

歌詞の無いインストルメンタルをBGMとして流して、他人の会話が気にならないよう仕掛けをしています!
聴覚

03.嗅覚

アロマディフーザーを設置し、匂いから脳を刺激して、リラックスして集中できる環境を意識しています!
嗅覚

04.触覚

家具はなるべく木製のものを増やして、温かみのあるオフィスづくりを目指していきます!
触覚

05.味覚

ドリンクサーバーを設置して、コーヒーやお茶などのドリンクを楽しめるようにしています!
味覚
インタビュー

弘法社員にインタビュー♪ あなたの健康、教えてください!

■タバコをやめて仕事の効率上がりました!

新卒から弘法に入社して今年で30年になりますが、十数年前に先輩社員と一緒に禁煙をしました。それ以前はデスクに灰皿があり、タバコを吸いながらの仕事でしたので進みが悪かったように思いますが、禁煙して以来、かなり効率が上がりました!

■インフルエンザの予防接種などありがたい!

数年前に、インフルエンザで休んだことはありますが、今では会社で健康診断や人間ドックの補助だけでなくインフルエンザの予防接種もしてもらえるので、以降体調不良ではほぼ休んでないですね。

■青汁&豆乳おすすめです!

同僚社員も健康への意識が高く、青汁を勧められて毎朝豆乳と一緒に飲んでいるんですよ! おすすめの青汁銘柄もありますので、ご興味ある方はお声掛けください。また、オフィス内のデスクワークの時も、会社側の健康への配慮からいつも落ち着くBGMが流れており、気持ち良く仕事ができてます!

■朝型で今後も健康に配慮して頑張ります!

社内でオンライン化が進んだことで出先でも仕事がしやすくなったり、会議・ミーティングもオンラインで行うようになって移動時間がかなり削減されるなど、効率よく働けるようになりました。なので、以前は残業で夜遅く会社に残ることもありましたが、今では早めに退社し、朝は6時ごろには起きて早めに出社するという、朝型の生活に変わりました。

これからも健康に配慮しながら、お客さんに役立ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

【身近にできる健康経営】vol.3 「免疫力」を高めて病気になりにくい体に

健康経営

身近にできる健康経営第三弾!
今回は新型コロナウイルスにも負けない!免疫力を高めて病気になりにくい体について考えてみましょう。

「免疫力」を高めて 病気になりにくい体に

ネガティブサイン無いですか?

新型コロナウイルスの出現により、「ちょっとした風邪すらひきたくない…」という昨今。このようなウイルスに感染しないためには「免疫力」を高めることが大事とよく言われていますが、あなたはいかがでしょうか?

疲れやすい、口内炎ができる、ヘルペスができる、下痢や便秘をしやすい、腰痛や肩こりになるなど、あなたの体にはこういったネガティブサインないでしょうか?

新型コロナウイルスの感染防止をはじめ、ガンなどの怖い病気に負けず元気に働ける体をつくるためにも、今こそ免疫力を高めませんか!

免疫力とは、予防力と回復力

免疫力とは、人の体が本来持っている病気を「予防する力」であり、また病気になったときに健康を取り戻すための「回復する力」でもあります。つまり、様々な病原体や病気から体を守り健康を維持するための「防御システム」であるといえます。

免疫力を高める主な方法としては、自律神経を整えること、腸内環境を整えること、成長ホルモンの分泌を促進することの3つがあげられます。

是非一度、食事や生活習慣を見直して、日ごろから免疫力アップにコツコツと取り組んでいきましょう!

免疫力を高めるための3つのキーワード

[1]自律神経

仕事や活動している時に働く「交感神経」と、夜やリラックス時に活発になる「副交感神経」のバランスを取って、自律神経を整えましょう。

[2]腸内環境

免疫細胞の7割が腸の中に集まっていると言われています。食事で腸内環境を整えることによって、免疫力が高まります。

[3]ホルモン分泌

深い眠りや、適度な運動、リラックスすることで、免疫細胞の新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌が促進されます。

食生活から見直そう!免疫力UP健康食

その1 腸内環境を整えて免疫力高める![みそ汁]

味噌などの発酵食品をつくるのに欠かせない微生物は、私たちの腸内環境を整えて免疫力を高めてくれます。

味噌の塩分を気にされる方もいらっしゃいますが、厚生労働省によると18歳以上の男性は1日当たり8.0g未満、女性は7.0g未満が基準とされており、みそ汁一杯で1.5g程度の塩分量ですので問題はありません。

ただ、毎日みそ汁を作るのは手間という方も少なくないかと思います。そこで、おすすめなのが味噌とお好きな具を混ぜて丸めておくだけの即席みそ汁「みそまる」。是非、お試しください!

みそまる

お湯を注ぐだけで、毎日手軽に美味しいみそ汁!

☆みそ汁10杯分が、15分程度でできる! ☆冷凍で、1ヶ月程度保存可能!

【材料(みそまる10個/みそ汁10杯分)】
○味噌…150g  ○出汁粉…15g ○お好きな具材
・乾燥わかめ ・乾燥ネギ ・切り干し大根 ・油揚げ など

【手順】
①材料をすべてボールに入れ、へらなどでよく混ぜる
②20gずつ(10分の1)ずつ手に取り、丸める
③タッパーに入れ、冷凍保存する

【食べ方】
食べたい時にお椀に「みそまる」を入れ、お湯を160ml
程度注いで溶かすだけ。あっという間にできあがり!

みそまる

「健康経営」お手伝いします!

株式会社 弘法は、経済産業省より「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました。
今後は地域の法人の皆さまにも、様々な取り組みで得た経験を活かして、「健康経営」の促進をお手伝いさせていただければと思います。健康経営にご興味を持たれましたら、お気軽にご相談くださいませ。

身近にできる健康経営vol.2 禁煙のススメ

健康経営

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」という考えのもと、健康管理を経営的視点から捉え、戦略的に実践すること。

シリーズ第二弾の今回は、喫煙がオフィスにもたらす被害・禁煙対策について考えます。

従業員の健康と健全な労働力を確保する!「禁煙」のすすめ

なぜ禁煙するべきか

タバコによる健康被害は深刻です。厚生労働省によると喫煙の影響による国内の年間死亡者数は推計12万人~13万人とされ、がんをはじめ脳卒中や虚血性心疾患、呼吸器疾患など健康を害するリスクは計り知れません。

今、世間を騒がせているの新型コロナウイルス感染症に感染した場合も、喫煙者および喫煙経験のある人は重症化しやすい(日本禁煙学会)と言われています。

また、喫煙者だけではなく受動喫煙の害も深刻で、それが要因での死亡者も年間推計1万5千人とされています。

そんな中、2020年4月から「改正健康増進法」が施行され、学校・病院・行政機関などの公共機関だけでなく、ホテルやレストラン・居酒屋などの飲食の場でも原則として「屋内は禁煙」となりました。

喫煙がオフィスにもたらす被害は、健康面だけではありません。病気休業があれば労働力が落ちるのはもちろんのこと、ニコチン依存症による集中力減少による生産性の低下、喫煙のために席を離れる労働時間のロスもあります。

したがって、企業として禁煙対策に取り組むことは、従業員の健康的な生活へとつながるだけでなく、健全な労働力を確保することにもつながるのです。

【喫煙がオフィスにもたらす被害】

○労働力の減少…喫煙による健康被害が原因の病気休業など
○生産性の低下…ニコチン依存症による集中力の減少
○労働時間ロス…喫煙によるたび重なる離席など

禁煙による企業のメリット

■健全な労働力の確保…喫煙による疾病の予防により従業員の健康的な労働力を確保する
■生産性の向上…ニコチン中毒から従業員を守り、生産性や創造性の向上につながる
■従業員のモラルの向上…経営層からの働きかけにより従業員満足や士気の向上につながる

勤務時間中の禁煙は可能

禁煙は企業全体で取り組むことがポイントであり、近年は「敷地内全面禁煙」を実施する企業も増えています。

喫煙労働者に禁煙を強いることに対し、法的に問題視される企業もありますが、使用者の持つ法的権限と労働者の法的義務の両面から、勤務時間中の喫煙を禁止することは可能です。

但し、喫煙労働者とのトラブルを防ぐためにも、禁煙実施までの準備期間を設けたり、勤務時間禁煙の必要性を事前に周知徹底するなどしておきましょう。

オフィスでできる禁煙対策

企業の禁煙対策には様々なやり方がありますが、一方的に禁煙を強いるだけでなく、企業側が禁煙希望者をフォローする体制を作ったり、報償を工夫したりするなどの働きかけを行うことで、大きな効果が期待できます。

ちなみに、(株)弘法では、「禁煙治療費補助金制度」を実施しています。これは、禁煙外来に12週間通院して禁煙を達成した方に治療費に対する補助金を出す制度で、導入後は社内全体の禁煙に対する意識が高まっています。

オフィスでできる禁煙対策(一例)

○喫煙場所をなくす
喫煙場所だけでなく、社用車の灰皿の撤去するなど、喫煙できる場所を無くす。

○就業規定の見直し
就業規定の職務専念義務に「勤務時間中の喫煙を禁止」と具体的に明記する。

○講習会などの実施
企業全体または部署単位で、禁煙講習会や勉強会を実施。職場内の禁煙成功者の体験談なども。

○喫煙者を採用しない
喫煙習慣の有無を考慮に入れて採否を決定することも法的に可能で、入社後の禁煙誓約も可。

○禁煙外来の治療費の負担
禁煙希望者に禁煙外来の受診をサポート。禁煙達成者には企業側が治療費を負担する。

○非喫煙者への報償
非喫煙者には毎月健康促進手当を支給する。(唾液による喫煙検査なども実施)

○禁煙成功者の表彰
禁煙希望者を募り、成功者を皆の前で表彰する。賞品、賞金などを設ければ、成功率も高まる。

このように、皆さま方も自社に合った方法を試されてみてはいかがでしょうか。

「健康経営」お手伝いします!

株式会社 弘法は、経済産業省より「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました。
今後は地域の法人の皆さまにも、様々な取り組みで得た経験を活かして、「健康経営」の促進をお手伝いさせていただければと思います。健康経営にご興味を持たれましたら、お気軽にご相談くださいませ。

身近にできる健康経営vol.1 「健康経営」はじめませんか!?

健康経営はじめませんか

〈こんなことありませんか?〉
○従業員が疲れていて社内に活気がない
○従業員の病欠で業務が回らなくなることがある
○働い方改革と生産性向上の板挟みを感じる
○従業員の早期離職が気になる

生産性の向上に、リスク管理に!心と体から考える働き方改革をしてみませんか?

「健康経営」はじめませんか!?

健康経営とは

労働時間の見直しやテレワーク、オフィスの改善など、「働き方改革」には様々な視点からの取り組みがありますが、「健康経営」もその中の一つです。

「健康経営」とは、従業員などの健康管理を将来的な会社の業績アップへの投資として考えて経営的な視点から戦略的に取り組むことで、「従業員の健康をサポートすることで企業価値や業績の向上を目指す」という新しい経営の取り組みです。

健康経営に取り組むメリット

健康経営に取り組むメリットは、大きく4つあります。

①生産性の向上

従業員の健康状態が良くなることで、モチベーション、集中力、パフォーマンスの向上につながります。

②経営リスクの軽減

従業員が疾病などの健康問題で離脱することにより発生する損失を、最小限に抑えることにつながります。

③人材の確保

従業員が「大事にされている」と感じることで離職率の低下につながり、人材雇用の促進にもなります。

④企業のイメージアップ

従業員に手厚いこと将来を見据えた取り組みをしていることで、企業のイメージアップにつながります。

健康経営の仕組み

身近にできる健康経営

インフルエンザ予防接種の奨励と補助

突然、、「インフルエンザにかかったので休みたい…」と言われたら…。
数日間は欠勤となり、シフト調整がつかない、生産性が落ちる、周囲に感染するなど、現場は大混乱。。。なんて経験はありませんか?!

とはいえ、インフルエンザの予防接種を受けるよう促しても、費用や時間の問題もあり、すすんで予防接種を受ける従業員はそう多くはいないのが現状です。(体質の問題は除く)

そこで、社員だけでも会社が費用を補助して予防接種を受けてもらうよう奨励することで、インフルエンザ感染のリスクを最小限に抑えてはいかがでしょうか。費用は一人3,000~4,000円程度※かと思います。

さらに言えば、会社の健康診断の時期をインフルエンザが流行り始める秋~初冬頃に設定し、健康診断と予防接種を同時に受けるようにすれば、二度手間にならずオススメです。

インフルエンザ

※ただし、アレルギーや持病への副作用のリスクなどもあり、従業員へのインフルエンザ予防接種の強制は違法になります。接種時には本人の同意申告が義務付けられており、会社として取り組める範疇は、あくまでも「奨励」にとどまります。 ※費用は、医療機関によって若干異なります。

「健康経営」お手伝いします!

この度、株式会社 弘法は、経済産業省より「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました。

今後は地域の法人の皆さまにも、様々な取り組みで得た経験を活かして、「健康経営」促進のお手伝いをさせていただければと思います。健康経営にご興味を持たれましたら、お気軽にご相談くださいませ。