地域密着型の集客に効果大のMEO対策  

困ったときのWEB頼み。

新たなWEB集客の柱となったMEOとは?

MEOとは、Google Mapや検索エンジンで「地域名+キーワード」で検索した際に表示されるマップで上位表示や集客に繋がるように情報の最適化を図ることです。

特にスマホでの検索はGPSで近くの店舗を探せるため購買意欲が高い傾向にあります。

店舗や場所
スマホで検索するとGPSで近くの店舗や場所が表示される。

今すぐはじめるMEOとその活用メリット。

メリット1:無料でお手軽

「Googleマイビジネス」で検索し、アカウント作成すれば、誰でも無料で利用開始。

メリット2:写真や情報を追加し放題

概要、投稿、写真など好きな情報を好きなだけ掲載可能。

メリット3:効果が出やすいので、改善しやすい

掲載内容、更新頻度、反応、クチコミなどで、効果を改善することができる。

メリット4:アクションを得やすい

HP導線、電話、ルート検索など閲覧者が反応を起こしやすい。

メリット5:反応を計測できる

全ての反応が数値化されているため、改善策の参考になる。

検索の総合窓口化するGoogleサービス

「スマホで近くのお店を検索」→「クチコミや情報の確認」→「アクション」。この一連の流れは、多くの方にとって定着しつつある行動ではないでしょうか?それに対する受皿を整え、更新することで、新たな集客の可能性を広げることができます。

まずはGoogleマイビジネスを登録し、少しづつでも情報を整えてみてはいかがでしょうか?

「ホームページは会社の身だしなみ。」風向きが変わるブランド化の第一歩。

WEB頼みvol.14タイトル

自分では全然見ていなくても、お客さんは見ている自社ホームページ。

「最近、自社のホームページ(HP)を見たのはいつですか?」

「・・・。」

たとえ自分は見なくても、日々の営業活動、広告宣伝、情報配信は、多くのお客さんや関係者をHPへ誘導します。

会社としては、「いつ」「どこで」「誰に」見られても良いように、自社HPを“身だしなみ”と捉え、整えておくことで好感度を高め、自社ブランド化につなげることができます。
身だしなみ
HPは会社の身だしなみ。いつ誰が見ているか分かりません。

「10人中の何人が好感を持ってくれるか?」からスタート。

好感度を高めるための身だしなみ。目の前のお客さん10人に対して提案をし、その何割が好感を持ってくれるか?という点から検証スタートします。

なんどもブラッシュアップし、好感度を10人中7~8人程度まで引き上げることができれば、あとはWEB広告活用などでかけ算的に増幅し、ブランド浸透の加速を試みても良いかもしれません。

かけ算的に拡散し、広告効果の向上を図りながら、あわせて自社ブランドの浸透を目指すことができます。
WEB広告適応イメージ

自社ホームページの身だしなみチェックをしてみましょう。

お客さん目線で自社HPの好感度ポイントを採点(10点満点)していくなかで、新たなヒントが見つかるかもしれません。

気づきを得ながら、ひとつひとつ改善してみてはいかがでしょうか。
※以下は一例です。項目自体も検討してみてください。

チェック

理想客にもSEOにも効くWEBライティング術

WEB頼みvol.13タイトル

その文章、具体的なキーワードが入っていますか?

WEBライティングとは、ユーザーにコンテンツをわかりやすく紹介するということだけでなく、更に検索エンジンにもヒットしやすい記事を作成する技術の事を言います。

コンテンツ内のメインキーワードにまつわる複数の具体性のあるサブキーワードで文章を構築することで、検索にもヒットしやすくなり、より多くの理想客の心に思いが届きやすくなります。
検索エンジン
人にもロボット(検索エンジン)にもわかりやすいコンテンツを作成したいですね!

実践!ライティングしてみましょう!

例文

1point

上記2つの文章のメインキーワードである「スポーツジム」を「ラーメン店」に変えて読んでみてください。悪い例の方は、それでも文章が成り立ちますが、良い例では成り立ちません。 つまり、自分たちの強みや独自性をより強く伝えるためには、メインキーワードより、サブキーワードの方が重要であることに気付くことができると思います。

メイン・サブキーワードの洗い出しを自社ブランディングに活用。

今回はWEBライティング術として、メイン・サブキーワードに触れましたが、これらはホームページの構築や自社ブランディングにも活用できます。コンテンツを表すキーワードを洗い出すことにより、伝たいことが整理され、よりわかりやすい文章を作成することができるようになります。まずは目の前のプレゼン資料などで活用されてみてはいかがでしょうか?

LINE@に無料登録して常連客を増やそう!

LINE@に無料登録して常連客を増やそう!

継続して来店してもらうのって難しくないですか?

チラシを配って集客してみたが、なかなか次へ繋がらない。もっと継続してお客様に来店してほしいと思いませんか?LINE@(ラインアット)は、企業用のLINEアカウントを作成し販促・PRが行えるサービスです。無料なので、低コストで導入できます。

まずは、常連客になって欲しい新規・既存のお客様にともだち登録してもらう所からがスタートです!

ともだち登録

リピートの後押しになる!簡単に提示できるクーポンとショップカード

クーポン機能

ともだち登録のお礼に割引クーポンをプレゼンすることも!登録の促進に使えます。
クーポン機能

LINEショップカード

来店促進には欠かせないショップカードをスマホの画面で保管できる様になります。
LINEショップカード
メリット01
ともだち登録したお客様へ、クーポンやショップカードをLINEで配信可能に。今までは、メルマガ、DM、紙のカードだったものが便利に!
メリット02
スマホで管理してもらえるので紛失や持参し忘れた!なんてことも防止できます。
メリット03
スマホがあればサッと提示してもらえるので簡単で便利です。手軽なのでおすすめしやすい!

既存のお客様を大切に、横の広がりにも期待

継続的にアプローチができるので、再来店を促しやすくなります。そういった面から、既存のお客様へのアフターフォローに使うのにも適していると言えます。今いるお客様を大切にしていくことで休眠客が目を覚ますきっかけになったり、口コミが広がり新規客へ結びついたり!横の広がりにも期待ができます。その第一歩として、LINE@で常連客を増やす活動を始めてみましょう!

“そのうち客”が、そのうち歩み寄ってくれるE メールマーケティング

“そのうち客”が、そのうち歩み寄ってくれるEメールマーケティング

多くのお客さんとの接触頻度と時間が未来の売上げを変える。

近年、見込み創出につながる重要な要因として、お客さんにどれだけ自社に対しての接点と時間を持ってもらえるかということが注目されています。そこで今回は限られた時間の中でより多くの人と接点を持つために役立つメールマガジンについて再考してみます。

メールマガジンできっかけを与えよう

メールマガジンは、たった一度の接点からでも持続的に自社の日々の活動を知ってもらえることができる有効な手段です。

また、お客さんのニーズやウォンツに沿った記事を定期的に配信することで、既存客やその他多くのそのうち客(潜在的な見込み客)に歩み寄ってもらえるきっかけを与えることができます。

Eメールマーケティング

メールマガジンの活用メリット

メリット1:自社の存在を憶えてもらえる。思い出してもらえる。

一度しか面識がない人でも定期的に情報を届けることで、忘れられない存在になることができます。受け手の役に立つ情報を配信することが前提となります。

メリット2:自社の考えや活動を継続的に知ってもらえる。

ファンになってもらうためには、日頃から自社の活動を知ってもらうことが必要です。お客さんと共通の価値観を築くことができれば、将来的に心強い味方となってくれます。

メリット3:お客さんに行動するきっかけを与えることができる。

関心のあるお客さんは何かしらのきっかけを持っています。ニーズやウォンツに対する提案を盛り込むことで、お客さんは行動を起こしやすくなります。

メリット4:誰が何に関心があるのか把握できる。

ツールを活用すれば、開封率や、誰がどの記事に関心があったかなどを把握できます。その結果をふまえ、次なる提案に活かすことができます。

HP・ブログ・SNS・実営業とリンクさせ相乗効果を。

メールマガジンは、HP・ブログ・SNS・実営業などの媒体や活動とリンクさせアウトプットすることで、より高い相乗効果を得ることができます。

過去に面識があったり、メールアドレス交換などの一度接触したことのある方への情報配信のため、親近感や興味を持って読んでもらえる可能性は高く、その他自社媒体のまとめとしても活用できるため、お客さんとの接点と時間をより増やし、歩み寄りのきっかけをつくる有効な手段と言えます。